10代へ送る18歳の世界観 #1

10代へ送る18歳の世界観 #1

 

僕は今18歳の現役高校三年生と同い年。だが、フリーランスをしながら日々を好奇心に任せ生きている。
だから学校に時間の拘束はされていない。要らない存在だと思っている(個人的な意見)。

もちろん学校の存在を否定してるわけではない。学校で教えられるような情報、つまりインターネット(外部データ)を引き出しにしてしまえば解決してしまうような情報は僕には必要ない。もちろん、必要と思っている人もいるだろうし、それは個人の自由で構わない。

だが、学校で得られるものは外でも得られることを知ってほしいし、学校と家だけが子供の居場所ではないことを知ってほしい。本当に最近まで中学校にいて、高校にいた奴がいうのだから、30代40代の大人が言うわけじゃないのだから、本当のことである。

何回かに分けて投稿するつもりなのだが、#1から#3くらいまでは17歳の時に書いたもので、17歳の世界観なので、少し今と違うことを書いているかもしれないが、それはそれでいい気がしているのでそのまま投稿します。

学ぶ場はもうどこにでもある時代

今の時代、どこにいても大抵のことは学べる
教師はきれいごとをよく吐く。僕も吐かれ吐き返した覚えがある。

例えば「勉強はできなくてもいい」という。そのくせ勉強しかさせない。評価を付けランキングにしてしまうことさえあるのだ。

ほかには「努力は報われる」とかも僕が嫌いな類に入る。理由はそういうだけでサポートしないから。自分でしろという意見もあるが、お前ら教師も努力しろよ。と思う。

つまり教師の発言に責任云々あると思うな。ということを頭の片隅に置いておいてほしい。

もちろん優秀な教師もいることだろう。だが、無能の方がたくさんいる。

教える人間として皆の前に立つ人ら、彼らはみな人間で有能無能の差があるということ。

有能な人間なら場は用意しなくてもさまざまな方向でサポートをしてくれるだろう。

ただ、その人間を求めて有名校に行っても、無能に当たれば元も子もない。
某教授も無能率高いと公言していますしね。

飽くまで個人の意見ですが。

つまり何が言いたいかというと

 

学校だけが学べるわけじゃない。

SNSの発展やオンラインサロンの発展で学校に行かなくても膨大な情報、そして人脈さえも築き上げてしまうことが可能になったのである。

例えばオンラインサロンやメルマガをしている、最近あらゆる分野で活動する行動力について書いた本が話題になったり、ロケットで話題になったりいろいろ忙しいあの方のサロンに入ってみるとか。

あそこでいうと月額1万。有能な人間がいるかどうかもわからない学校に月1万以上かける必要があるのだろうか。
ちなみにあのサロンにはもう2000人くらいの人数が集まり、そこにいる人間が内部の情報がつかめないのに1万円を出し、しかも払い続けているわけだ。

普通に考えてバカなら価値がわからず抜けるだろう。そこに価値を見出している人というのは学習意欲のある人や少し変わった人間。

大学には一定数勉強のできるバカがいる。所属するだけのバカもいる。そんなところよりも確実にやる気のある人間が所属している方がいいと僕は思う。

東大や早慶クラスの大学生なら別だが、そこらの大学じゃあ本当にサロンの方が有益な情報が集まる。

 

それにそのサロンで人脈も築くことさえできる。先ほどの例に挙げたところでは2000人ほど。
別に10代ばかりではない、20代もいる。年齢は問わないし社会人もいるのだから幅広い層と交流ができる。

経営者だったり、エンジニアだったり、幅広い。

圧倒的にコスパがいい上に、自由度も高い
いつ使えるかもわからないようなことよりも、社会で生き抜くために必要な実践的なことを学んだ方がいいではないか。