(未成年)法人登記の時の紙文化かなりクソ。

(未成年)法人登記の時の紙文化かなりクソ。

 

 

会社設立Freeeらの登場で法人登記のハードルが低くなっている。料金の面でも、書類を作成するという面でも。

だが、我々未成年。つまり法定代理人が必要な私たちは、常に親権者という名の親の元に生きなければならない。

私の本籍と、法定代理人、すなわち母が暮らす地が違うのだ。
※通常は法定代理人というのは両親二人なので誤った解釈の内容お願いいたします。

ここが大きな難点となり私に「クソガキは会社作るな」と言わんばかりに書類の用意に難航している。そして登記のタイミングが徐々にずれ、いっそのこと11月11日に登記してしまおうかと悩んでいる最中だ。

未成年の法人登記の際に必要な書類は、

法定代理人(親権者)の同意書及び法定代理人(親権者)

確認できる戸籍謄本等の書類である。

私は、マイナンバーカードを持っている。だがしかし、私の本籍がある地ではマイナンバーカードによる戸籍謄本の取り寄せができないのだ。

ちなみに実家のある地では可能なので、住民票は取れる。

手順として
郵送でこちらで作成した同意書を送り、
本籍のある地区の役所向けに定額小為替450円分と返信用封筒&切手を同封して送つけ、戸籍謄本を請求する。(住民票のある所にしか送れないので私の場合実家に届くことになる。)
同意書と戸籍謄本を一緒に入れたものを実家から送ってもらう。

こうなる。とてもめんどくさい。

マイナンバーカード云々はすべての地域で一斉に対応してほしいものだね。

欲を言えばマイナンバーカードを使って不在者投票の際に必要な投票用紙等請求書兼宣誓書なども離れた所からでもサインし、書類を請求できるようにしてくれ…。

法定代理人に関してはまだしも、こうもめんどくさいと外側から覗いた時にハードルが高く見えてしまう。

せっかくいい環境が整いつつあるのに、こういった作業に時間を割かなければいけないのはとても残念。

まぁ、私がもっとスムーズに行くよう前もってセッティングしとけばよかったのだけど。