卑下なのか、謙虚なのかを理解する

卑下なのか、謙虚なのかを理解する

謙虚とは

時々、謙虚と卑下を履き違えているバカがいる。

謙虚ということ自体はとてもいいと思う。

なぜなら自分の地位などにとらわれず、他人に対して素直でいるのだから。

相手の意見は貴重な情報である。自分が決して見ることができない視点である。その視点の意見は大切にしなければいけない。個人的には面白いとも思う。

 

では謙虚とはなんなのか。

 

A君はプログラマーでA社で働いている。彼は基本的な言語を習得しておりWebサービス程度であれば簡単に作れてしまう。つまり貴重な人材。

ある日B上司に褒められた(応援された等)

そのB上司の発言に対して、A君は「ありがとうございます!僕もまだまだ甘いところがあるのでこれからも頑張って作りこんでいきます!」

と答えた。彼はB上司の言葉を素直に受け入れ、自分のスキルや言動、実際のコードがどうあるか理解しているので「甘い」と判断したのでもっと頑張ると言った。

僕はこれが謙虚だと思っている。無理やり作ったシチュエーションではあるが伝わったかと思う。

 

では卑下はどうなのか。

 

 

A君はプログラマーでA社で働いている。彼は基本的な言語を習得しておりWebサービス程度であれば簡単に作れてしまう。つまり貴重な人材。

ある日B上司に褒められた(応援された等)

そのB上司の発言に対して、A君は「自分はまだまだプログラマーなんてのすらおこがましいように思えます。もっと学習して、よいサービスを作れるように頑張ります。」

と答えた。彼はB上司の言葉を跳ね返し、自分のスキル等すべてを無効化し、「エンジニアが持つとされるスキル」「非エンジニアが持つ能力」そんなことすべて無視して

自分はダメだと決めつけた。自分はまだプログラマーなんて器ではないと言ってしまった

これが卑下です。これも無理やりなのでイメージしにくい気がする。

でも違いはわかるはず。

 

 

謙虚と卑下

この二つは区別しないといけない。

10代とか20代とかに自己「卑下」な人が多い気がする。謙虚と似ているのではなく、この二つはまったく違う。

「卑下」にメリットはないし、常日頃からこんなこと言っていたら潜在意識の中でも自分のことをダメな奴と思ってしまう。

それに僕はこれが嫌いである。ただ単純に自分のスキルを認めない、他人のスキルも目に見えない、自分の価値を自分で下げてしまっているというところが残念で仕方がないという理由である。

あと、別に謙虚じゃなくてもいい気がするし。

謙虚と卑下は間違えないように!!!!