昨日のまとめ「OKIMOCHI面白い」

with コメントはまだありません

 

 

OKIMOCHIがローンチされ、Slackで試しに使うことができる場を作ってくれたので覗きました!

OKIMOCHIさん○○に0.01BTC上げてみたいな感じで渡せてすごかった…。

残業中にきたら頑張れそう。

 

OKIMOCHIは海外で言うチップだと思ってる。Slackで簡単に送れる電子チップ?仮想チップ?暗号チップ?

仮にこれを普及させるなら、BluetoothやAirdropみたいなので相手を検出して、画像を送る要領でチップを送信するって感じなんですかね。そうすれば店員さんにチップを渡すことができます。

問題点は店員さんが機能を有効にしてくれるか。0.000001BTCとか来たら笑いそうw

他にOKIMOCHIを使うとしたら、シェアハウスでLINEでコミュニケーションをとるのではなくSlackでとる。

チャンネル分けられるし、これはこれでいい。そこでOKIMOCHIを入れたら「掃除機ありがと(0.001BTC)」ができる。

後、サークルとかでも使えそう。

僕が推すのはイベントで使うとか!

例えば、アイデアソンというイベントがある。アイデアを出し合うイベントなのだが、良いと思ったら0.001BTC送るとか面白い。

金額は400円前後だが個人の自由。送信者の匿名性を保てるといいのかもしれない。

他はカード系の遊びにOKIMOCHIでコインを渡して、勝てばコインが手に入るみたいなアレができる。

でも一番やってほしいのは大喜利

絶対面白い。別の金額はなんでもいい、10円くらいでもいい。10回やって10回笑わせて、ジュース一本分のお金集まったら楽しくない?

渡す側10回笑わせてもらえて良くない?

 

 

 

パスポートの期限切れてました。僕もエストニア電子国民になりたい。