昨日のまとめ「polca飲み会」

昨日のまとめ「polca飲み会」

昨日はpolcaの飲み会に参加させていただきました!

その前に、MSのCustom Visionが面白いなと思いました(笑)

polcaの飲み会の中でも家入さんに話したら「落としたもんじゃ焼きとゲロを機械はどう判断するのか」というのを言っていました。人間は視覚情報とゲロを見たことがあるという経験則的なところからそれをゲロと判断することが多いかもしれない。逆に機械は落としたものはどんなものでも元のものと判断するのか見たいな話です。

 

結構話続きましたね。最初はpolcaのこと、クラウドファンディングのこと。

polcaのiOS担当の方も来てくださっていたのですが、

「最初からこうやって悪意無く企画ができていく姿は意外だった」ということや

「ウォッチがあることでSNSみたいな仕組みがある。もちろん欠点もあり、それはウォッチ数が尋常じゃなく上がってしまえばアクティビティが埋まってしまうこと。」

「最初はもっと堅苦しかった。でも削ることを繰り返し、今のシンプルなUIとシンプルな企画作成画面ができた」

「世界中の困っているだれかを支援すべく、企画が作られ支援金が集まるというのは単純にうれしい」

「もちろんAndroidとiPhoneのそれぞれのUIに合わせてメニューの位置をすこし変えてる」

など、さまざまな話題から、集まったユーザーの自己紹介からこういうサービスつくりたいとか、こういうサービスを提供している、クリエイターでこういう写真を撮っている、DIYが得意で家の家具は自分で作った、アイデアを売っている、など幅広い話へ。

もちろん僕もみなさんと色んな話をさせていただきました!

17歳であることに驚かれ驚きましたね。。。

あと、17歳の現役の学生もいてpolcaという枠組みが逆にジャンルにとらわれない人々を呼び寄せたのかなと思いました。CAMPFIREだからかもしれませんね。

ただこういう場、公式が率先してユーザーの意見に耳を傾け、お酒を飲みながら話す姿はとても奇妙なものでした。

8月10日リリースされ、急きょ作られたユーザーと公式が混ざる場。

この短期間でpolcaに対する意見交換が行われ、そしてユーザーと1ユーザーとしてのCAMPFIRE陣が仲を深める姿は家入さんが夢に見る「やさしい世界」のほんの一部だったのかもしれません。

最後に

(勝手に引用すみません)

polcaユーザー飲み会の第2回が9月にあるそうです!今回見逃したかたはぜひ検討してみてはいかがでしょうか。住んでいる場所なんて関係ないです。このためだけに僕も神戸から渋谷に向かいました。年齢も関係ないです。17歳ですけど、参加しました。こういう場に未成年が参加することはあまりないかと思いますが、学校以上の刺激を受けることができるかと思います。

次も参加しますので、ぜひ学生さんもきてください。なれない場でしょうから、フォローしますよ!